さまざまな資格

 さまざまな資格?だってマッサージの資格って一つじゃないの?
 とおっしゃるかもしれません。それはある意味正しくてある意味間違っているということができます。
 というのは、本当にマッサージができるのは法律で定められている「あんま・マッサージ・指圧師」という国家資格だけだからです(医師免許は除く)。例えば治療系国家資格には他に針治療ができる「ハリ師」、お灸ができる「灸師」、骨接ぎの「柔道整復師」などがありますが、これらの資格がいくら国家資格であってもマッサージをすることはできないのです。マッサージをするためには「あんま・マッサージ・指圧師」(以後マッサージ師と呼びます)という資格が必須なのです。


 
では整体師は?そう、整体とは上記の治療のための施術に属さない、それらの免許が必要ないものです。それで整体師の国家資格は存在しません。日本における整体師・整体士・整体療術師といった資格は100%全て民間資格ということになります。
 民間資格とは、民間の団体・個人が独自の基準で設けた資格で法的には何の効力や権限もないものです。つまり整体なんて見たことも聞いたことも受けたことも習ったこともないその辺のおじさんが、突然勝手に整体協会を設立して整体師の資格を作っても法的には何の問題もありません。これって怖いことですよね。
 実際にそれに近い、得体のしれない整体スクールや整体師の資格があることも事実です。(もちろん大多数はまともなところだと思いますが)



 それで整体師の資格を取るにあたって、自分が勉強して取得する資格について良く知っておく必要があるのです。
そうしないならただ値段ばかり高くて内容の無い無駄な資格を掴まされることにもなりかねません。ぜひこのサイトの情報を参考にしていただければ幸いです。

 なお、上記の国家資格以外の資格はほとんど民間資格と言って間違いないでしょう。
例えば、リフレクソロジスト・アロマセラピスト・リンパセラピスト・エステティシャン・カイロプラクターなどです。これらの資格をお考えの方もぜひこのサイトを参考にしてください。



どうして区別がはっきりしないのか?

 整体・マッサージなどの区分、資格の区別を明確にできる人は少ないと思います。未経験者は当然かもしれませんが、今は施術者さらには教育者もこの点の区別をはっきりできない人がいます。元をたどれば、法律がはっきりしないことが原因でしょう。あんまマッサージ指圧・はり・灸に関する法律(あはき法)によると、「マッサージを業とする者はマッサージ師の免許が必要」と記されています。では整体はマッサージに当たるのか?リフレ・アロマ・カイロなどはマッサージなのか?ここが問題です。
 当然マッサージ師たちは「それもマッサージだ」といい、整体師たちは「マッサージとは違う」と主張します。平行線です。おそらく交わることはないでしょう。とある整体の組合に尋ねると、厚労省医政局医事課の職員によると、「治療を目的とせず、痛みを感じるほど強く押すような危険な施術をしなければ "マッサージ"とは言わず、整体として営業してなんら問題はない」と指導があったそうです。事実過去の判例でもそのような判決が出たことがあります。
 このことからも、一定の枠組みの中で行なう整体施術は法的に問題ないということが分かります。
 もちろんその枠組みを超えてしまうとそれは「無資格マッサージ」となり、立派な犯罪行為となりますので注意しましょう。



 ではどこに行けば本物のマッサージを受けることができるのでしょうか?近所の店、なじみの店はマッサージですか?それとも整体ですか?正確に分かる人は少ないかもしれません。
 なぜ今、整体やマッサージの区別がつかないのでしょうか?
 それは故意に曖昧にしている人たちがいるからです。

(1)整体師が曖昧にする例
 漢字を見ると「体を整える」とあります。ですからボキボキッと骨格を矯正することを整体と考えるかもしれません。(カイロプラクティックなど)それも整体の一つです。
 またマッサージのように体を揉んだりツボを押したりする整体もあります。(中国整体などと呼ばれます)さらにはストレッチを主体にするものやいろんな手技を組み合わせたものもあります。
 整体の内容がマッサージに似ており、整体よりもマッサージの方が言葉として良く知られているためについ自分たちの施術(整体)のことを「マッサージ」と呼んでしまう。
 ここに問題があります。一般の人は整体とマッサージの区別がつかなくなってしまいます。
(2)マッサージ師など国家資格者が曖昧にする例
 マッサージ師であれば問題なくマッサージができる訳ですが、店が繁盛してくると人手が足りなくなります。すると国家資格者だけでは間に合わず、素人を雇って施術をさせます。 もちろん素人は「マッサージ」ができないので、彼らの施術を「整体」と呼ぶのです。中には区別が面倒になり、有資格者も無資格者も「マッサージ」または「整体」と統一して呼んでしまうところもあります。
 これでは混乱するのは当たり前ですよね。
 またマッサージ師以外の国家資格者(柔整師・鍼灸師等)は法的にマッサージができません。でもぎっくり腰だけでは食べていけない柔整師がマッサージをしたり、鍼灸だけでは物足りない お客様に促されてマッサージをする。一応マッサージはできないから「整体」と名前をつける。治療院でほぼマッサージと同じ施術をすれば誰でも「整体」=「マッサージ」と思ってしまいますよね。

 この辺りの問題を解決するためには、整体師と国家資格者双方がお客様にきちんと説明をする必要があると思います。
 整体学校を選ぶ際に、学校の職員に整体とマッサージの違いについて質問してみるのはどうですか?もしきちんと答えられないとするとその学校は・・・・??

 次のページは 「良い学校の選び方について


このサイトは

ある特定の学校やスクールを推奨したり批判したりすることを目的にしている訳ではありません。皆さんが学校選びの際のひとつ情報として役立てていただければ幸いです。

おことわり

 このサイトは個人で運営されています。
 運営者は10年以上整体を教える講師として働き、全ての方に整体師に関する正しい認識を得ていただきたいと法律についても学んでまいりました。しかしながらこの点に関する法整備が行き届いていないため、業界ではグレーゾーンが多い部分も否めません。
 このサイトの内容についても全て法に則っていると確信していますが、それを保証するものではないことをご了承ください。
 ご意見等がございましたらメールでお寄せください。